国境の島、与那国島だけで醸造を許された銘酒「花酒」

LINEで送る

沖縄地方の酒と言えば、泡盛が有名ですが、その沖縄でも与那国島だけに製造を許された「花酒」というお酒があります。

hanasake

「花酒」は、泡盛と原料や製法は同じですが、醪を蒸留するときに最初に出てくる初留液だけを集めたお酒です。
グラスに上からお酒を注いだときに、グラスの中に泡が経つことから泡盛という名前ができ、
またその泡の量が多く花のように見えた酒が「花酒」と呼ばれるようになった(度数が高い方が泡立つ)という説と、
蒸留のはなさき(=一番先)に出るため、「花酒」と呼ばれるようになったとの二つの説があるようです。

「花酒」は泡盛の一種なのですが、一般に度数が60度程あり、酒税法上「泡盛」と名乗れません。
分類としては、スピリッツに入れられます。
※泡盛は度数が45度までと決められています。

与那国島には現在3つの花酒を造る蔵元があります。
醸造の蔵元が少ないのに加えて、初留というのは製造量の2~3%ほどしか量がとれない貴重酒です。

アルコール度数が60度ですので、家庭用の冷凍庫に入れても凍りません。
飲む時は冷凍庫でキンキンに冷やしてパーシャルショットもおすすめです。
(度数が高いので、チェイサーをお忘れなく!)