寝酒は止めよう!

LINEで送る

こんにちは。
スタッフぽんスケです。

「酒は百薬の長」とも言われるとおり適度な飲酒は、ストレス解消・コミュニケーション促進・食事の美味しさを倍増させる等々、色々な
メリットを私たちにもたらしてくれます。

その反面、間違った・過度の飲酒はデメリットにしかならない事も心得ておく必要があります。

今日は「お酒」と「睡眠」についてお話します。

【睡眠について】
睡眠は簡単に説明すると、浅い眠りで身体は深く眠っているのに脳が活発に動いている「レム睡眠」と、深い眠りで脳も身体も休んでいる状態「ノンレム睡眠」に分けられます。
レム睡眠とノンレム睡眠はそれぞれ役割・特徴が違い適切なバランスがあり、それにより心身の状態を整え、疲労を回復しています。

【アルコールの作用について】
・神経の緊張を緩和する作用があり、寝入りは良くなる
・過度の摂取をした場合、ノンレム睡眠・レム睡眠のバランスが崩れやすくなる
・過度の摂取をした場合、睡眠途中に目が覚めやすくなり、早朝に目が覚めやすくなる
・過度の摂取をした場合、呼吸抑制作用があり、いびきが酷くなる
・利尿作用により、トイレに行くことで睡眠は分断されやすくなる
*早い話、寝つきは良くなるが、過度の摂取をした場合は睡眠の質が低下するということです

不眠症の解消に寝酒を飲む人の多くは、「睡眠薬は怖い」という先入観があるそうです。
しかし、医療関係者からは、寝酒よりも睡眠薬の方が遥かによいと言われています。

それは、
・寝酒が習慣化し連日飲酒するようになると、酔いに対する慣れ(アルコールに対する耐性)が強まる
・寝酒は次第に同量の酒量では十分な酔いが得られないため、徐々に飲酒量が増える
・飲酒量の増加や連日の飲酒は、身体への負担となり、様々な疾病の原因となる
・寝酒を習慣化させた場合、飲まないと眠れなくなり、アルコール依存症の一因になる

また、寝酒の深酒は翌日の出勤時にもアルコールが抜けず、飲酒運転等の重大事故につながる恐れもあります。

ちなみに、喫煙も睡眠を妨げるそうです。
眠る前に一服すると気持ちが落ち着き、寝付きが良くなるように感じる事があります。
これは、たばこに含まれるニコチンに喫煙直後にリラックスさせる効果がある反面、その後は逆に覚せい作用が数時間続くため、寝付きを悪くするそうです。

「酒は百薬の長」とするために、
○お酒はおいしく適量を飲む
○飲酒(喫煙も)は就寝三~四時間前までに済ませる
事を心掛けたいですね!