違いのわかる人になる!焼酎&泡盛を極める

トップページ  >  製造編(違いのわかる人になる!)

高級酒編
素材編
製造編

商品の味の決め手となる製造法。どのようなコンセプトで造られ、またそれぞれの製法によって、どのように酒質が変わるのでしょう?
ここでは蔵が持つ独自のノウハウと匠の技が織りなす製法によって造られた焼酎をご紹介。 製法別に個性豊かな焼酎をご覧下さい!

甕貯蔵
 現在のようにタンク貯蔵が普及する以前に一般的だった甕貯蔵。甕貯蔵はステンレスなどのタンクと比べ容量が小さく手入れに手間が掛かります。特に長期貯蔵をする焼酎に適しているとされ、熟成させる期間の長い焼酎に使われることが多いです。

長年の仕込みに使用した甕には家付き酵母が染み付き、まろやかな味が醸し出されると言われます。また甕からの無機物の溶け出し、甕の表面にある無数の気孔に詰まった空気によって熟成が進みます。

★甕貯蔵にこだわった焼酎をご紹介!

薩摩の風 甕貯 「薩摩の風 甕貯」25度720ml (東酒造株式会社)

夢幻の宴 長期熟成古酒 「夢幻の宴 長期熟成古酒」30度720ml
(有限会社今帰仁酒造)


樽貯蔵
ウイスキーやバーボンなどの洋酒と同様に、木製の樽で貯蔵する方法。樽には樫樽・シェリー樽・バーボン樽などの種類があります。香りは樽香が移りバニラのように甘く、色は琥珀色になるのが特徴です。

樽貯蔵によって焼酎本来の味わいが一層熟成され、舌触りはまろやかに、コクと旨みが増し深い味わいになります。それぞれの樽によって個性豊かな味わいに仕上げることが出来ると言われます。

★樫樽によって長期貯蔵した焼酎をご紹介!

長期熟成麦焼酎 雅の刻 「長期熟成麦焼酎 雅の刻」25度720ml (株式会社篠崎)


木桶蒸留
木桶蒸留とは、杉の木で造られた蒸留器で蒸留するもの。 焼酎の蒸留器はステンレス製のものが主流の現在、木桶蒸留器を使用する蔵は多く有りません。
両者とも蒸留器の原理は変わりませんが、昔ながらの木桶蒸留器は低圧でゆっくりと蒸留させる為、木の香りが原酒に移るとともに木桶の隙間からガスが微量ずつ抜け、まろやかで味わい深い焼酎に仕上がります。

★木桶蒸留器を採用した焼酎をご紹介!

さつま鶴亀かめつぼ仕込み 「さつま鶴亀かめつぼ仕込み」25度1800ml
(三和酒造株式会社)


焼き芋加工
通常は蒸して使用する原料のさつま芋を焼き芋に加工して仕込む製法。
炭火焼き、石焼きなどがあります。芋を焼くことで柔らかな甘さを引き出し、通常の芋焼酎と比較しても、甘み・旨み・香ばしさが増します。

★焼芋焼酎をご紹介!

鬼火 「鬼火」25度900ml (田崎酒造株式会社)


焙煎麦加工
原料となる麦を仕込む前に焙煎を加えた製法。 麦を焙煎すると自然な麦の甘味と焙煎の香ばしさを漂わせる旨味が醸し出されます。

また、煎る事によって麦の周りに含まれている二日酔いの原因となる脂肪分が取り除かれ、酔いざめ爽やかな焼酎に仕上がると言われます。焙煎麦は通常の麦と比べ発酵作用が活発ではない為、仕込み作業に手間が掛かります。

★焙煎麦を使用した焼酎をご紹介!

こふくろう 「こふくろう」25度720ml (研醸株式会社)


音響熟成
貯蔵する間、貯蔵タンクに一定の音響振動を加え、熟成を促す製法。
音を振動トランスデューサ(電気機械振動変換器)によって振動に変換され、貯蔵タンクに伝えるというものです。

常に緩やかな振動を与ることで水の分子が小さくなり、よりまろやかな飲み口と丸みのある味わいに変化すると言われています。中にはクラシック音楽を聴かせながら熟成させる蔵もあります。

★音響熟成によって造られた焼酎をご紹介!

田苑 麦ゴールド 「田苑 麦ゴールド」25度720ml (田苑酒造株式会社)


花酵母仕込み
花酵母とは、花から分離した酵母のこと。東京農業大学酒類学研究室が分離に成功し、様々なお酒に使われるようになりました。
花酵母焼酎の特徴は何と言っても吟醸酒のようなフルーティーな香り。

花酵母は、もともと清酒用の酵母として見つけられたもので、焼酎で使用するには焼酎麹(白麹)が造り出す酸に対して抵抗力が低い為、発酵力が弱くもろみ管理が困難と言われます。低温で時間を掛けて仕込むなど、蔵独自の技術や工夫を凝らして造られます。

★つるばら花酵母を使用した焼酎をご紹紹介!

花のこえ つるばら 「花のこえ つるばら」25度720ml (冨安合名会社)


無濾過、荒濾過
通常の焼酎製造工程では、活性炭やフィルター、イオン交換により濾過を行い、液中にある不要な成分を取り除く事で品質の安定を図ります。

無濾過とは濾過を全く行わず、蒸留したままの状態で瓶詰めする手法。また荒濾過とは軽く濾過する手法を言います。普通の焼酎よりも熟成期間が短い為、白い綿状の浮遊物が発生する事がありますが、これは焼酎に含まれる高級脂肪酸エチルエステルという旨味成分によるもの。一見異物に見えますが、酒類業界では通称「芋(焼酎)の華」とも呼ばれています。 両手法とも、原料本来の持ち味が反映されると言われます。

★無濾過焼酎をご紹介!

甕夕餉 「甕夕餉」25度720ml (明石酒造株式会社)

★荒濾過焼酎をご紹介!

田苑 麦ゴールド 「角玉」25度720ml (有限会社佐多宗二商店)

田苑 麦ゴールド 「小鹿 本にごり」25度900ml (小鹿酒造株式会社)


ページトップへ