お蔵探訪記
冨安合名会社

お蔵紹介 お蔵探訪 焼酎びと 商品ラインナップ 焼酎紀行より

冨安合名会社建物
高良山の麓での酒造り

福岡県南部、久留米市に位置する冨安は1790年に創業を始め、以来約250年間の歴史を持つ蔵元です。
耳納山(みのうさん)系から流れ出てくる良質な水に恵まれ、それを清酒造りと焼酎造りに使用しています。もともとは冨の寿に代表される清酒を多く造る蔵元でしたが昭和50年代半ばより麦焼酎及び米焼酎の製造を始めました。焼酎は年間800石の販売をしています。
高良(こうら)山の麓に建っている冨安。高良山の山頂には筑後地方一の宮と言われた高良神社があったことから、昔はこの山の御神酒蔵の役目を果たしていました。そんなちょっぴり神秘的な歴史を持った、地域に密着した蔵元です。

※前回ご紹介した「冨安本家酒造」樣と「冨安合名」様は異なる蔵元です。 冨安本家酒造様は、しそ焼『山の香』、清酒『花の露』の銘柄が有名な蔵元で、今回ご紹介する冨安合名様は麦焼酎『からす』、清酒『冨の寿』の銘柄が有名な蔵元です。このお蔵探訪記では、冨安合名様を「冨安」と表記しております。

 

冨安合名の蔵

福岡県の酒造り事情

福岡県は、日本で有数の米どころで九州では最も清酒造りが盛んな地域です。また古くから清酒を造る際にできる酒粕を利用して粕取り焼酎が造られてきました。粕取り焼酎は清酒を造る工程で生じるもろみ粕を使って造られます。しかし最近ではその流れも少し変わってきています。清酒専業であった蔵元でも焼酎を造るケースが増えてきました。冨安においても筑後平野からとれる豊富な米を使って清酒造りから始まり、やがては焼酎造りを行うようになりました。

清酒「冨の寿」のれん                                
技術を巧みに操る
冨安は清酒と本格焼酎を製造する蔵であるため、「醸造酒」と「蒸留酒」と2つの性格の違う酒を造っていることになります。焼酎を製造する場合であっても、清酒によって培われた醸造技術を生かしています。最終的に蒸留された本格焼酎はその技術の集大成とも言えるものです。粕取り焼酎の消費が減少していた昭和50年代に生産を始めました。その時から冨安の焼酎は清酒製造を生かしたものにしたいと意気込み、現在に至っています。
麦焼酎「からす」

焼酎の名前に込める思い

冨安の焼酎の代表銘柄である麦焼酎『からす』。黒麹の全麹仕込みを行った個性が強い焼酎です。蒸留は常圧蒸留で行い味にコクを生み出しています。銘柄にインパクトを与えたいという思いで『からす』と名付けられました。ボトルのラベルには、黒い影絵風にカラスを形どったものがデザインされています。ボトルの色は真っ黒で重厚な作りです。
黒麹仕込みの麦焼酎『からす』の力強い味を見事に表現したものになっています。焼酎は自由な発想で名前を付けることができる良さがあると冨安社長はおっしゃていました。
冨安の焼酎には他にも『左文字』『きらきらゆらゆら』『月夜のしずく』とユニークな名前が付けられています。

アクセスマップ
冨安合名のお蔵はこちら ●お蔵見学できます

事前に問い合わせが必要です。
【住所】〒839-0817
福岡県久留米市山川町326
【TEL】0942-43-6391
【FAX】0942-43-2628

●冨安合名会社までの道のり

九州自動車道久留米ICを降りて日田方面に車で5分。

●お蔵訪問する前に
お蔵訪問のための基礎知識を学びましょう。   
お蔵訪問トピックス

お蔵紹介

探訪

焼酎びと

商品ラインナップ

焼酎紀行より