株式会社奄美大島開運酒造
名 前:渡 悦美 
生 年:昭和40(1965)年
出身地:鹿児島県

前回は奄美大島開運酒造様の隣で製造されている黒糖工場、及び奄美大島の自然についてご紹介して参りました。今回の第2弾では、お待たせしました、奄美大島開運酒造様の製造の様子、「れんと」の紹介、女性杜氏のご紹介をして参ります。

奄美大島で製造される焼酎といえば、黒糖焼酎です。黒糖焼酎は昭和28年、奄美大島がアメリカから返還されたときさとうきびから出来る黒糖で焼酎を造り飲んでいたことが評価され、黒糖を原料にしての酒類製造は酒税法で奄美大島だけに認められました。黒糖焼酎と聞いただけで「甘い・カロリーが高そう」と思われがちですが、実は黒糖焼酎はアルコール飲料の中でも低カロリーで女性に嬉しい糖分ゼロです。

また、そんな黒糖で造られた「れんと」は、「音響振動熟成システム」によって造りだされた焼酎です。「音響振動熟成システム」とは、貯蔵タンクに一定の音響振動を加え熟成を促すといった製法(国際特許)です。人間が音楽を聴くとリラックスできるのと同じように、焼酎に対してボディソニック・トランスデュー「情報を持った音楽振動」を与えることによって新造酒特有なアルコール臭さやピリッとする刺激が少なくなり、香りの良いまろやかな熟成酒を思わせる味に変化するそうです。

また「れんと」は、原料と水にこだわっています。さとうきび栽培から製糖に至るまで自社管理の製品を使用しているため原料には自信を持っています。また、水は奄美〜沖縄の島々の中で最高峰の湯湾岳(天然記念物・国定公園)の山麓より湧き出た水が焼酎の割り水に使用されています。

こんな「れんと」を製造されているのが3児の母「渡 悦美」さん。酒造りは男性社会のもの、そんなイメージを覆してくれる女性杜氏が奄美大島開運酒造様にはいらっしゃるのです。栄養士の渡さんが黒糖の研究を続けるにつれ黒糖の凄さを感じ、「黒糖のことを島外の方にも知って頂きたい、そんな気持ちをずっと持っていました」と黒糖の魅力について話して頂きました。

また「女性にも抵抗なく楽しんで頂けるような新しい焼酎を造りたい」そんな想いから「れんと」は造られています。飲んでみると、女性の持つ優しさを十分に表現できている焼酎だと感じることが出来ますよ。

それでは「れんと」、「女性杜氏渡さんの魅力」をご紹介して参ります。貴方もトモちゃんのお蔵訪問記に行ってみましょう。

[トモちゃんのお蔵訪問記]が見れなかった方は、上のボタンをクリックして、表示された画面の「自動インストール」(黄色ボタン)をクリックして下さい。

株式会社奄美大島開運酒造
 〒894-3301 鹿児島県大島郡宇検村湯湾字大潟浜2924番2
      TEL:0997-67-2424  FAX:0997-67-2388
奄美空港から宇検村まで
             
車で約1時間