小正醸造株式会社 
名 前:笠野 美好 
生 年:昭和33(1958)年
出身地:鹿児島県

鹿児島県日置にある小正醸造様は、明治16年創業。しかし、それ以前に、日置にある島津家の祭神、八幡神社のお神酒造りから始まり110余年という歴史を持ち、「焼酎一筋」に真の焼酎造りを続けている蔵元様です。薩摩半島のほぼ中心、日本三大砂丘の1つ、吹上浜に隣接する日吉町日置、のどかに広がる田園風景のなかに、製造場の「日置蔵」があります。
そこは熊野神社「権現さあ」の井戸で知られる天然の清水が豊かに湧き、新鮮な原料を育む自然環境があります。長い歴史の伝統技法をベースに、最新のテクノロジーを生かして小正醸造様の焼酎は造られているのです。

そんな小正醸造様が製造される商品に「さつま小鶴」「むぎいち」更には独創の貯蔵熟成焼酎「磨」「メロー小鶴」リキュール類等がありバラエティー豊富な品揃えです。皆様も1度は耳にしたことがあると思います。

そんな中でも特にご紹介したい商品が芋焼酎「竹山源酔」です。神々の宿る神秘の山々、霧島山麓に降りそそいだ雨が300年の長い歳月を経て地上へと湧き出た水「竹山源水」を使用。身体の健康を整えるのに不可欠なカルシウムとマグネシウムが理想的なバランスで含まれています。さらに契約農家の手で丹精に育てられたさつま芋を原料とし、取扱い難いとされている杜氏泣かせの黒麹で仕込まれています。
この芋焼酎「竹山源酔」の原酒を更に「甕」(かめ)で熟成することにより、コクと旨みを醸し出しています。この熟成された原酒と、ミネラルのバランスが最適である「竹山源水」とが非常に馴染みが良く、まろやかで口当たりの良い「竹山源酔」が出来上がります。焼酎の半分以上が水ですので、水によって味が左右されるといっても過言では無いということを、素人の私でも試飲させて頂いて分りました。

また、「先代の師の教えに徹し、もう一度原点に戻って焼酎を造り、若い蔵人に焼酎造りの神髄を体験し、伝承し続けていく・・・
そんな目的から1998年には手造り蔵「師魂蔵」を建設しました。」と、杜氏である笠野様は、大変満足されたご様子で話して頂きました。ここで500年に渡る鹿児島の焼酎文化を守り続けています。
「師魂蔵」はどんな外観でどんなところにこだわっている蔵元なんでしょうね。貴方も一緒に蔵元訪問してみましょう。

[トモちゃんのお蔵訪問記]が見れなかった方は、上のボタンをクリックして、表示された画面の「自動インストール」(黄色ボタン)をクリックして下さい。

小正醸造株式会社
 〒899-3101 鹿児島県日置市日吉町日置3309
 TEL:099-292-3535  FAX:099-292-5080
九州自動車道 伊集院IC下車