お蔵探訪記
西酒造株式会社

お蔵紹介お蔵探訪焼酎びと商品ラインナップ焼酎紀行より

立派な焼酎蔵、西酒造
 

鹿児島県日置市吹上町の高台に位置する西酒造株式会社は、1845年創業、年間約3万石を生産する蔵元です。敷地面積6,000坪の現在の蔵は2003年2月に完成。4階建てと焼酎蔵には珍しく上に高く、遠くからでもすぐにそれと分かる、まるでお城のような蔵です。
西酒造といえば、『富乃宝山』『吉兆宝山』『天使の誘惑』などの全国的にも有名な銘柄を持つ蔵です。これらは芋にこだわり、芋を極める動きの中で生まれた芋焼酎で、今では鹿児島を代表する蔵元の一つとなっています。

西酒造株式会社外観

酒質レベルを上げる努力
西酒造では製造場内に本格的な研究室を設け、5人の研究員が在籍しています。ここでは品質管理と新商品の開発を行っています。もろみの酸度、アルコール分などを全て数字で管理し、データ化しています。製造に携わる人は、官能で判断していきますが、研究室にて数字で示すことにより、徹底した品質管理を行っています。酒質レベルが上がり、より美味しい焼酎が造られるようになりました。
研究室
貯蔵に力を入れる

ひろ〜い敷地内には、現在貯蔵タンク12本を設置出来る棟を建設中です。完成は2006年6月です。(取材時(5月)は未完成)。今後は焼酎の貯蔵に力を入れ、しっかり熟成したまろやかな焼酎を造りたいとのことです。需要に応えようと毎日造りに追われている最中ではありますが、取材時は新商品の開発にも励んでおられました。

建設中の貯蔵タンク格納施設
西酒造8代目、西陽一郎代表社員

西酒造の代表社員、西社長は1971年生まれ、現在35歳の西酒造8代目です。東京農業大学醸造学科を卒業されました。
西社長は「毎年毎年、農家さん、売り手、飲み手、まわりの人達、みんなに支えられて焼酎を造らせてもらっております。毎年毎年、造れて良かったという感謝の気持ちを持ちながら焼酎と向き合う事が大切なのです。」と言います。
また、「焼酎造りというものは、それぞれの蔵元が各人の考え方のもと、その蔵の色と匂いで取り組んでいくものである」とも言います。自ら蔵に入り、社員とともに芋焼酎の可能性を追究しています。

西陽一郎社長

アクセスマップ
九州地図
蔵元へはこちら
●お蔵所在地

【住所】〒899-3308
鹿児島県日置市吹上町与倉4970-17
【TEL】099-296-4627


お蔵紹介
お蔵探訪
焼酎びと
商品ラインナップ
焼酎紀行より