西酒造株式会社 
名 前:西 陽一郎 
生 年:昭和46(1971)年
出身地:鹿児島県

西酒造様は、鹿児島県の鹿児島市の郊外、谷山インターで降り、山を登り下り30分した日置市吹上町という所にひっそりとした自然の佇まいの中にあります。創業は1845年という伝統ある蔵元です。
私達を出迎えてくれたのは、専務の西陽一郎さん。8代目で、杜氏歴5年、31歳の若き杜氏様です。焼酎に詳しい方なら、1度は聞いたことのある名前ではありませんか?そうです、陽一郎さんは、芋焼酎のイメージをガラリと変えてくれた焼酎業界の中では知る人ぞ知るお方なのです。私も陽一郎さんにお会いするまでとても緊張していましたが、会ってお話を伺ってみると、焼酎に対して自然体で取組み、色んな酒質の焼酎を造っていきたい、と前向きな考えを持った方でした。

西酒造様といえば、芋焼酎のイメージをガラリと変えた「富乃宝山」「吉兆宝山」「天使の誘惑」といった滅多にお目に掛かれない焼酎を製造している蔵元です。しかし、「さつま宝山」というレギュラー酒も大切に大切に製造されています。「近所の親父たちが美味しそうに飲んでんのを見てさぁ、今まで大事に育てて、支えてくれた人達の事を思えば、こういうものこそ大事にしていかなくては」と痛感されたそうです。そんな「さつま宝山」は、原料の芋は勿論鹿児島県産の「黄金千貫」を使用しています。

こんな陽一郎さんでも、なかなか焼酎が売れない時期があったそうです。「10人に1人でも旨いと思ってくれればいい。そんな想いでした。今思えば、焼酎に人の想いをのせないと売れないんだなと感じますよ。」と伺いました。そんな想いがあって今があるんですね。しかし陽一郎さんは現状に満足しない、チャレンジャー精神の持ち主。「次はどんな焼酎をつくろうかなぁ・・・」大変興味深いお言葉ですね。

まだまだ、色々なお話を伺いましたよ。貴方も蔵元訪問へ行ってみましょう。

[トモちゃんのお蔵訪問記]が見れなかった方は、上のボタンをクリックして、表示された画面の「自動インストール」(黄色ボタン)をクリックして下さい。

西酒造株式会社
 〒899-3308 鹿児島県日置市吹上町与倉4970-17
 TEL:099-296-4627  FAX:099-296-4260

九州自動車道谷山IC降り日置郡へ30分