白金酒造株式会社 
名 前:黒瀬 東洋海 
生 年:昭和18(1943)年
出身地:鹿児島県

白金酒造様は明治2年に川田和助様が創業され、130年以上の歴史を持つ鹿児島県の蔵元で最も古い蔵元の1つです。「先代達が作り育て上げた蔵でないと白金酒造の商品は作れない」というこだわりが、今も当時のままの佇まいを残しています。錦江湾沿いに位置し、この辺りはシラス台地という約2万年前に噴火した火山灰の地層の上にあります。
この蔵の特徴は何と言っても「手造りにこだわり続ける」の一言です。ここで杜氏をされている「黒瀬東洋海」(くろせとよみ)さんは57歳のベテランで、製造中は常に仮眠しかとれない日々が続くそうです。しかし「焼酎造りは面白くて面白くてたまんねぇ。麹が夜中もどんな顔をしているのか、どんな働きをしよんのか…」麹造り、甕での熟成等赤ん坊を育てる様な思いで焼酎造りをされています。
そんな黒瀬さんが手塩にかけて育てた芋焼酎「石蔵」「機械造りでは本当の焼酎の美味しさは出せない」そんな熱い想いからそのまま残っていた古い石蔵の中で、そのままの造りを再現し、手造りで焼酎を仕込むことにしました。その石蔵から、手造り焼酎「石蔵」と命名されました。黒瀬さんのおかげでこの「石蔵」は誕生したそうです。 水にもこだわっています。シラス台地という天然のろ過装置で、この中を通って湧き出た水は鉄分やマンガン等を全く含まない弱アルカリ性の、焼酎造りに最も適した天然ミネラルウォーターです。
この様に人の手をかけ大事に育て、しかも本当に美味しい水で造られた芋焼酎「石蔵」は、顔に近づけるとほのかに甘い香りが立ち上り、芋焼酎とは思えないとっても優しい味だと感じました。黒瀬さんの温もりが十分に行き渡った焼酎、そんな印象を受けました。 黒瀬さんはどんな人でどんな風に焼酎を造っているんでしょうね。貴方も蔵元訪問してみましょう。黒瀬さんから色んなお話を伺っていますよ。


[トモちゃんのお蔵訪問記]が見れなかった方は、上のボタンをクリックして、表示された画面の「自動インストール」(黄色ボタン)をクリックして下さい。

白金酒造株式会社
 〒899-5651 鹿児島県姶良郡姶良町脇元1933 
 TEL:0995-65-2103  FAX:0995-64-5370

  九州自動車道姶良IC降りて5分