文蔵醸造元 
名 前:木下 弘文 
生 年:昭和45(1970)年
出身地:熊本県

文蔵醸造元様は、文久2年に創業した歴史ある蔵元様です。大変古い佇まいですが創業以来「手造り」を貫き通す由緒ある蔵元様です。人吉市及びその周辺の球磨地方で生産される「球磨焼酎(くましょうちゅう)」は有名ですが、球磨焼酎の持ち味は、原料が米であること、そして球磨の清水と気候風土と古い伝統を誇る醸造法から生まれた芳香と風味が特徴で他の追随を許しません。

球磨地方に「六調子」という民謡があり、歌詞に「田舎庄屋どんの城下見物、多良木の文蔵じい」と歌われていますが、創業者の名を銘柄「文蔵」として使用しています。年間500石(1升瓶では50000本)製造し、全てを貯蔵します。実質1500石貯蔵されており、ゆっくり時間をかけてまろやかに出来あがった焼酎を皆様の元に出荷します。製造されているのは杜氏である木下弘文さん。わずか30歳、杜氏歴4年の若き杜氏様ですが、父親の跡を継いで伝統の味を受け継ぎ、また更にこれからの焼酎を目指す頼もしい若頭です。

そんな木下さんが製造された「文蔵」
は手造り麹、甕(かめ)仕込み、常圧蒸留といった旧来の製法による米焼酎です。球磨焼酎の90%以上が原料の風味をあまり出さない飲みやすい減圧蒸留による焼酎ですが、木下さんは「昔からご愛飲頂いているお客様からご要望で、原料の風味を十分に出す常圧蒸留が定着しているですよ。」と話して頂きました。減圧蒸留には無い独特の香りと濃厚な味、良い意味で焼酎臭さがある…「文蔵」はそんな焼酎です。

どんな環境で、どのようなことにこだわって貯蔵されているんでしょね?さぁ。貴方も文蔵醸造元様の蔵元訪問に行ってみましょう。


蔵元訪問するには、左上の「トモちゃんのお蔵訪問記」をクリックして下さい。

[トモちゃんのお蔵訪問記]が見れなかった方は、上のボタンをクリックして、表示された画面の「自動インストール」(黄色ボタン)をクリックして下さい。

文蔵醸造元
 〒868-0501 熊本県球磨郡多良木町多良木785 
 TEL:0966-42-2013  FAX:0966-42-5457


  九州自動車道人吉ICより
     
球磨郡多良木町へ車で約40分