明石酒造株式会社 
名 前:川野 政文
生 年:昭和43(1968)年
出身地:宮崎県
明石酒造様は、明治24年宮崎県の九州山系と霧島山系に囲まれたえびの高原の麓にて、大自然の恩恵と創意工夫を重ね「心まで酔う、うまい焼酎」の製造を始めました。年間6000石(108万リットル)程の製造量で(芋・麦・米)焼酎を製造しています。 主要銘柄の「明月」は、世の中が平和になって人々の心が明るく円満になるようにと願いを込めて名付けられたものです。

また、「最高の芋を使おう!」そんな熱い想いからでんぷん質の高い鹿児島県志布志地域にて栽培されている「黄金千貫」(コガネセンガン)を使用。さらに一日約8トン(トラック約2台分)の芋を一つ一つ手に取り、繊維部分と
痛んだ部分を取り除く地道な作業を行い最良の芋のみを原料として使用しています。 その中でも「めいげつ 酣々(かんかん)」の麹米は、社員が田植えをして減農薬で育てた「えびの産ひのひかり」を100%使用。昔、薩摩藩の島津の殿様がえびの産のお米をわざわざ取り寄せて食していたほどおいしい、と有名なお米です。

このようにして出来た「明月 酣々」は芋焼酎特有の芋臭さを抑えつつも、芋のほのかな甘い香りと原料の旨味を閉じ込めた深い味わいが特徴です。 「焼酎は生きているんだ」と痛感したほど驚き一杯の蔵元訪問でした。それでは貴方も「明石酒造」へ行ってみましょう。

蔵元訪問するには、左上の「トモちゃんのお蔵訪問記」をクリックして下さい。
[トモちゃんのお蔵訪問記]が見れなかった方は、上のボタンをクリックして、表示された画面の「自動インストール」(黄色ボタン)をクリックして下さい。

明石酒造株式会社
 〒889-4221 宮崎県えびの市大字栗下61番地1 
 TEL:0984-35-1603 FAX:0984-35-0340
※蔵元見学できます。(要予約)
九州自動車道 
   えびのインターおりて右手に5分