お蔵紹介 お蔵探訪 焼酎びと 商品ラインナップ 焼酎紀行より
宮崎県南部の日南市、飫肥(おび)は「九州の小京都」と呼ばれる城下町。その風情ある町で、飫肥藩伊東家御用酒屋として、文政元年(1818年)創業した小玉醸造。歴史と伝統のある蔵では、東京農業大学醸造科で酒造りを学んだ親子が家族ぐるみで造りを行っています。
スタッフは、社長である金丸一夫さん(父)、代表蔵人である潤平さん(長男)、そして酵士さん(次男)の三人。事務所兼ご自宅の隣に蔵を構え、綿密な酒質設計のもと日南・飫肥という地域性を出した焼酎を造っています。

右の写真の部屋には、2002年の夏に新発売したばかりの芋焼酎「おび蒸留屋 壷熟」だけが貯蔵されている甕壷が並べられています。ラベルにも描かれている重厚な甕壷の中で熟成され、さらに丸く、深い味わいに仕上げられます。

「ここ飫肥という地域を大事にしていきたい、この素晴らしさを知ってもらいたい」と誰より強く願う小玉醸造の名刺には、飫肥の観光名所の写真が入れられてあります。(左写真、上は「堀川運河」、下は「飫肥城大手門」)。「小さな事ですが、こういう方法でも飫肥をPR出来るかなと思うんです。」と金丸社長。
飫肥は、天正16年(1588年)から明治初期までの280年間、飫肥藩伊東氏の5万1千石の城下町として栄えました。復元された飫肥城大手門、本丸御殿の松尾の丸をはじめ、藩校や武家屋敷通、町並みと合わせて「九州の小京都」と言われており、国の「重要伝統的建造物保存地区」に選定されています。地域では、日本の文化遺産としての町並みの保存と活用を地域文化の向上に役立てるべく、努力を続けています。


小玉醸造合名会社
【住所】〒889-2535
宮崎県日南市飫肥8-1-8
【TEL】0987-25-9229
【FAX】0987-25-1424
九州地図 多良木町周辺地図


お蔵紹介
お蔵探訪
焼酎びと
商品ラインナップ
焼酎紀行より