高千穂酒造株式会社 
名 前:下中野 健
生 年:昭和36(1961)年
出身地:宮崎県

高千穂酒造は、九州山地の中央部に位置する宮崎県高千穂町で明治35年本格焼酎製造を始めました。神秘の表情がたたえる渓谷「高千穂峡」、さらに高千穂地方に伝承されている「神楽」で有名な地方です。  

本格焼酎製造に最も適した気候風土と、風味豊かな原料等、東西南北を自然で囲まれた地だからこそ得ることの出来る貴重な材料です。  

そんな中で今回ご紹介します杜氏である下中野さんは「焼酎の半分以上を占めている水」にこだわっています。「いくら良質の原酒が得られても、この水質次第では最高の品質とはなりません。」
そこで焼酎に合う水を九州のあちこち探し回ってやっと(約40種類の中から)阿蘇の名水百選にも選ばれている白水村白川水源の天然水に辿り着きました。この水は口当たりが柔らかく、
焼酎と混ぜることで焼酎の旨味を引き出してくれるそうです。平成4年1月より使用を開始しています。

原料も個性的で、中には「とうもろこし」を使用の焼酎も製造。とうもろこし特有のスッキリした香りと軽快な喉ごしが自慢で安定した消費者が増えています。  さらに今年の10月5日、米焼酎「たまよい」を発売。国内産の厳選された米から生まれた香り豊かな「旨香(うまか)」米焼酎です。このようなユニークな焼酎を製造されている蔵元訪問へさあ貴方も行ってみましょう。


蔵元訪問するには、左上の「トモちゃんのお蔵訪問記」をクリックして下さい。
[トモちゃんのお蔵訪問記]が見れなかった方は、上のボタンをクリックして、表示された画面の「自動インストール」(黄色ボタン)をクリックして下さい。

高千穂酒造株式会社
 〒882-1102 宮崎県西臼杵郡高千穂町押方925 
 TEL:0982-72-232  FAX:0982-72-3323
九州自動車道松橋IC降りて
延岡方面へ約1時間30分
(高千穂峡より10分)