株式会社比嘉酒造 

名 前:新垣 喜彦 
生 年:昭和48(1973)年
出身地:沖縄県
島唄

比嘉酒造様は、沖縄県海人(ウミンチュー・漁師)の町、糸満に蔵を構える伝統と進化に彩られた「泡盛」を製造する蔵元様です。創業は明治16年(1883年)、もとは首里三箇の鳥堀で泡盛製造を行っていた伝統ある蔵元様です。

比嘉酒造様は先代の頃から常に進化し続けることを考えるポジティブな蔵元様で、昭和42年(1967年)には洗米作業からビン詰め工程に至るまで一式を自動式に切り替え、沖縄県で初めて全自動製麹機を導入した画期的蔵元様なんです。現在の4代目社長である比嘉昌晋さんは若くして蔵を引き継ぎ、「流されない、変わらない、だけど進化していく」をキャッチフレーズに首里以来の伝統を継承しながら、時代のニーズに応える泡盛造りに邁進されてきました。そして、創業100周年を記念して「泡盛まさひろギャラリーを入場無料で開館しています。沖縄の蔵元の中でギャラリーを開館したのは比嘉酒造様が初で、観光シーズン、また土日祝日にもなると団体のお客様が多数お見えになるそうです。(どんな様子かは、トモちゃんのお蔵訪問記をご覧下さい!)

皆さんは泡盛と焼酎との違いが分かりますか?実は恥ずかしながらトモちゃんはあまり分からなかったんですが、比嘉酒造様の詳しい説明でやっと理解出来ました。ここでちょっと説明しておきます。焼酎乙類(本格焼酎)の中に位置する泡盛は、黒麹菌というカビをはやした米の麹を100%原料として作られた蒸留酒で、大きな違いは、(全てとは言えませんが)日本米・白麹菌を使用する米焼酎とは違ってタイ米・黒麹菌を使用している点です。この黒麹菌というのも一般の黒麹菌とは違い、気温の高い夏でも安全に泡盛が出来るだけの酸を作る麹菌が育成され、「泡盛麹菌」と呼ばれています。(今後は統一する為に黒麹菌と明記していきますね)

「泡盛のよさを一人でも多くの人、特に若い方に知ってもらいたい」そんな想いで杜氏なられたのが右上の写真を見ても分かるように、とってもお若い新垣杜氏。そんな想いを込めて製造されたのが本島出荷用の泡盛「島唄」です。風味も喉ごしもライト&スムーズ。しかし、味覚の奥にはしっかりした泡盛の骨格を感じさせ、現在首都圏を中心に若者に浸透中だとか。毎日気軽に味わえて、しかも飲み飽きしない「島唄」は、泡盛の未来を開拓する足がかりとして期待出来ますね。
それでは比嘉酒造様での泡盛製造の様子を見に、トモちゃんのお蔵訪問記に行ってみましょう。

[トモちゃんのお蔵訪問記]が見れなかった方は、上のボタンをクリックして、表示された画面の「自動インストール」(黄色ボタン)をクリックして下さい。

株式会社比嘉酒造
 〒901-0305 沖縄県糸満市西崎町5丁目8-7
 TEL:098-994-8080 FAX:098-995-0800
那覇空港より国道331号線を糸満向けに車で約20分