豆知識

焼酎についての豆知識をご紹介いたします。

泡盛Q&A(2)

国内最古の蒸留酒、泡盛。米を麹にして、この米麹と水だけを原料に全量一度に仕込んで発酵させ、単式蒸留器で蒸留したお酒です。
アルコールや添加物を加えない100%天然醸造なので、飲み口爽やかな芳醇な香りと深いコクのある味わいが特徴です。
そんな泡盛の素朴な疑問についてお答えします!

Q、泡盛の名前の由来は?
A、沖縄では、17世紀末から泡盛と名前が付けられる様になりました。当時、泡盛は本土の焼酎より度数が強く、注ぐ時に泡立つことから泡盛の名が生まれたという節があります。

続きを読む 泡盛Q&A(2)

芋焼酎の品種

芋焼酎と一口に言っても、様々な種類の原料芋からバラエティーに富んだ焼酎が造られます。
代表的なものは、「黄金千貫(コガネセンガン)ですが、その他にも様々な種類があり、その違いが焼酎の味わいにも反映されます。
今回は、芋原料の品種について調べてみましょう!

genryo07

●黄金千貫(コガネセンガン)
続きを読む 芋焼酎の品種

なぜ焼酎にはいろいろな原料があるの?

たくさん存在するお酒の中で、本格焼酎は芋・米・麦・黒糖・とうもろこし等、多くの原料由来の酒質を判別することが出来ます。
それではなぜ焼酎は多くの原料があり、その特性を生かすことが出来るのでしょうか?

まず、昔、清酒を造る際の米はとても貴重でした。特に米の栽培に不向きな薩摩地方はなおさらでした。
また、南九州の気候が温暖で、清酒造りに適さなかったためもろみが腐敗しないような酒造りをしてきましたが、他県の清酒は南九州の清酒と比べ物にならない程発展していきました。

ならば旨い焼酎を造ってやる!そんな中で麹と水だけで仕込む1次仕込みと、主原料を発酵させるという理想的な2次仕込みという画期的な開発によって、数多くの原料を利用する焼酎造りが可能になりました。

同じ蒸留酒のウイスキー・ブランデーは原料が麦・ぶどうだとは思えませんよね?
しかし、本格焼酎は、1回蒸留なので原料の味の成分を多く含んでいるので、原料由来の酒質を判別することが出来るというわけです。

 

氷にこだわる

本格焼酎を楽しむなら、飲み方にもこだわりたいもの。
氷が溶け出すことによって変化を楽しむロックの場合、氷が焼酎の味を大きく左右する事があります。
せっかくなら氷にもこだわって、溶けにくく雑味のない純度の高い氷を使用しましょう。
スーパーなどで販売している氷は無味無臭で溶けにくくロックに最適ですが、ご家庭でも少し手間をかけるだけで美味しい氷ができます。
ここではご家庭でできる美味しい氷の作り方をご紹介します。
一手間かけて、こだわり焼酎を更に美味しくいただきましょう。
続きを読む 氷にこだわる

パッチテストで体質を知ろう!

あなたはお酒とうまく付き合っていますか?
お酒に強いかそうでないかは、アルコールが肝臓で分解された際に発生する「アセトアルデヒド」を分解する酵素“ALDH2”が体内にどの程度あるのかで決まります。
お酒が好きでも適量を越して飲酒事故を起こさないために、自分の体質を把握しておく事がとても重要です。
それでは早速、家庭でできる「アルコールパッチテスト」で、あなたの体質を確認してみましょう。
続きを読む パッチテストで体質を知ろう!

焼酎の保存

焼酎の良さの一つに、保存方法(保管方法)が簡単であることが挙げられます。
ウイスキーやブランデーと同じ蒸留酒である焼酎は保存において、それほど神経質になる必要はありません。対して清酒、ワインなどの醸造酒は、保存方法に注意を払わなければ、色が変わってしまったり、味が悪くなってしまいます。
とはいえ、焼酎においてもいくつかの保存のポイントがあります。正しく保存し、常に美味しい焼酎を飲みたいものですね!

〜本格焼酎、保存のポイント〜
続きを読む 焼酎の保存