newsitem180719-i01

熊本県 高橋酒造より、本格米焼酎「肥後 時習館」が発売

LINEで送る

熊本県 高橋酒造より、本格米焼酎「肥後 時習館」が発売。(7月19日 蔵元出荷)

本格米焼酎「肥後 時習館」は江戸時代後期(宝暦5年、1755年)に熊本城内北東部に設立された熊本藩校「時習館」から、その名をとりました。「時習館」は九州諸藩の藩校の中では最も早く設立されたもので、賢君で名高い熊本藩6代藩主・細川重賢(1721~1785年)が自身の教育観を実践するために作り、諸藩の藩校のモデルとなっただけでなく、横井小楠や井上毅、北里柴三郎など明治維新に活躍した人物や、新政府の官僚、政治家、学者など優れた人材を熊本から多く輩出したことでも知られています。

校名の由来は「学びて時にこれを習う、また説ばしからずや」(いにしえの良き教えを学び、実践することこそ喜びである)という論語の一節です。新生日本の礎を築く多くの人材を送り出した藩校の名を冠するこの本格米焼酎「肥後 時習館」は、重賢公や当時の若き俊英たちのように、熊本の地から全国へ、そして世界へ羽ばたく歴史ロマンを感じさせる酒として発売します。

その名にふさわしい酒として、こだわりを詰め込んだ王道の本格米焼酎原酒に全麹仕込みの米焼酎を黄金比率でブレンド。歴史と先人の志を、深みのある味わいに込めました。〝落ち着いた大人の酒〝として、より焼酎通に飲んでいだきたい米焼酎です。

水割り、お湯割り、オンザロックなどオーソドックスな飲み方がお勧めです。

newsitem180719-s01

■商品名 : 肥後 時習館 25度
■メーカー : 高橋酒造株式会社/熊本県人吉市
■原料 : 米(国産)、米麹(国産米) 
■参考価格(税抜) : 900ml 962円 / 900ml箱入 1,080円 / 1800ml 1,795円