column180101-i01

2018年。明けましておめでとうございます!

LINEで送る

明けましておめでとうございます!
みなさんどのような新年の幕開けを迎えられましたか。


元旦に休業する百貨店等も増え、毎年初売りに出かけるという方も、買い物ではなく初詣やお家でゆっくり、という過ごし方をされるのではないでしょうか。

さて、今年はどのようなお酒が流行するでしょう。
2017年からジリジリと流行になりつつある「クラフトジン」
これまでジンと言えば海外からの輸入がほとんどでしたが、日本のスピリッツとも言える焼酎の製造技術を駆使して造り上げた、焼酎蔵元発のジンが増えてきました。
国産ジンを使ったカクテルのコンテストなども開催されていますし、2018年は大きなブームになるのではないかと思います。

クラフトというと、昨年はクラフトビールが人気になりました。
クラフトビールやクラフトジンは、大まかに言うと小規模工場でこだわり製法で作られたお酒を言いますが、小規模な酒造会社にもスポットライトが当たるようになったことは、酒類業界に居る私たちにはうれしい事です。

さて、日本全国、ビール・日本酒・焼酎・ワインなどなど、お酒の蔵元が無い都道府県は1県もありません。
私たちの生活に深く関係のあるお酒。お正月、地元に帰ったり旅行に行かれたら、その土地の蔵元に是非立ち寄ってみましょう!

それでは本年も、情報サイト「焼酎紀行」、及び通販サイト「焼酎紀行どっとねっと」をどうぞよろしくお願いいたします。